スキンケアでのニキビの治し方を知る|すっきり清潔に保つニキビの治し方の秘密|ニキビオフ

スキンケアでのニキビの治し方を知る

ニキビは一度できるとなかなか治らない傾向がありますが、正しいお手入れを行うことでかなり改善できることがあります。大人世代と若い世代では原因も違いますのでそれぞれに合うスキンケアで改善を目指しましょう。

改善のためにはまずは原因を知ろう

ニキビは多くの人が悩んでいる肌の悩みですが、大人世代と若い世代ではその原因も違いますので、それぞれに合った治し方を選ぶことが大事です。若い世代は過剰な皮脂でニキビができることが多いですが、大人世代は乾燥や食生活の乱れ、便秘、喫煙など様々な要素で起こります。改善のためにはまずは要素となっているものをできるだけ取り除き、ニキビができにくい環境にしておくことも大事です。そして、毎日のスキンケアも大切ですので、洗顔方法や保湿ケアも見直して正しい方法でお手入れをしていきましょう。間違った方法を選んでしまうとなかなか改善しない、跡が残ってしまうなどの問題も出てしまいます。

改善のためにも洗顔方法を見直してみましょう

悩みを改善するためには、スキンケアの改善は欠かすことができませんが、特に洗顔は大切ですので丁寧に行いたいところです。過剰な皮脂を落とすことは大切ですが、このときにあまりに洗浄力の強い石鹸で洗ったり、一日何度も洗ってしまうことは乾燥を招き、さらに皮脂を出してしまうこととなります。それゆえ、洗顔も朝晩2回程度にしておき、洗浄力のマイルドな石鹸で丁寧に洗いましょう。洗顔料が肌に残っていることもニキビにはよくありませんので、しっかり洗い流してきます。そして古い角質がたまっていることもニキビの原因となりますので、ピーリング効果のある石鹸で優しく落としていくこともおすすめです。

洗顔後は保湿ケアをしっかりと行おう

ニキビの効果的な治し方としては洗顔で余計な皮脂や汚れを落としたあとはしっかり保湿しておくことが大切です。オイリー肌の人は潤っているイメージもありますが、皮脂は多くても水分が不足していることは少なくありません。水分が不足していることはより多く皮脂を出してしまうことにつながりますので、化粧水などで水分はしっかり与えておきましょう。水分だけではすぐに蒸発してしまいますので、適度に油分を与えることも大事です。クリームや乳液はべたつくからと避けている人も多いですが、ニキビケア用のものであればさっぱりとした使い心地のものが多く、安心して使うことができます。

まとめ

大人世代と若い世代ではニキビの原因は違いますので、それぞれに合うスキンケアで改善していくことが大事です。洗顔で汚れを落としたあとは保湿ケアを丁寧に行い余計な皮脂の分泌を抑えましょう。古い角質にはピーリング効果のある石鹸も効果的です。

案件紹介

コラム記事