ぶつぶつ肌の洗顔方法で注意すべきポイント|すっきり清潔に保つニキビの治し方の秘密|ニキビオフ

ぶつぶつ肌の洗顔方法で注意すべきポイント

毎日行うケアの1つとして洗顔がありますが、ただ洗うのではなく気をつけるべきポイントに注意しながら、正しい洗顔方法を行うことが重要となります。正しく洗顔することで、毎日が自然なケアに繋がりよりよい理想的な肌を手に入れることに繋がります。

洗顔フォームの泡で洗う事が大切

洗顔する際に市販されている洗顔フォームを使用する人はとても多いですよね。洗顔フォームで洗う事でお湯や水だけでは落とせない、毛穴の汚れまでしっかり落とすことができます。ですが洗顔フォームを直接肌に塗って洗うのは、肌への刺激が強く綺麗にしているはずなのに逆にぶつぶつ肌になってしまう可能性もあります。そのため洗顔フォームを使用する際は、まずはしっかり泡立てることがポイントとなります。掌をつかって泡を立ててもよいですし、洗顔フォーム専用の泡立てネットを使うととても簡単に泡を作ることができます。洗う際は泡で顔を包み込むようにして、優しく洗うようにするとよいですよ。

洗いすぎは注意が必要なので時間に気をつけよう

洗顔フォームをしっかり泡立てて、泡を使って洗顔すると毛穴の奥までしっかり汚れを落とすことができます。ですが泡だからといって長い時間洗顔をしていると、汚れだけでなく肌にとって重要な油分を過度に洗い流すことに繋がってしまいます。また長い時間洗顔してしまうと、より肌への負担が大きくなり、逆にぶつぶつ肌といったトラブルを招く原因になる可能性もありますよ。そのため洗顔を行う時間は、20秒から30秒程度に抑えて洗う事で、しっかり顔の汚れを落とすだけでなく肌への刺激を抑えてよりよい状態を保ったまま洗顔することができます。

洗顔後の泡はしっかり洗い流すことがポイント

洗顔終了後はぬるま湯なのでゆすぎますが、その際にしっかり洗顔フォームを洗い流すことが大切になります。洗い流すポイントとして洗顔フォームの泡だけでなく、肌についた洗顔フォーム独特のぬめりも綺麗に落とすという点にあります。見た目で泡がなくなっていても、洗顔フォームのぬめりが残っていると肌にずっと洗顔フォームがついている状態になりますよね。そのままだと肌に刺激を与え続けてしまい、肌トラブルの原因にもなりかねません。そのため見た目でわかる泡だけでなく、肌を万遍なくチェックしながらぬめりもしっかり洗い流すようにすることが大切です。

まとめ

肌の乾燥やぶつぶつ肌など、様々な肌トラブルに悩む人は多くいますよね。その問題を解決するためにも基本となるのが洗顔方法となります。間違った方法をしていないか気をつけながら洗顔を行うことが、日々のケアに繋がりより理想的な肌に仕上げることの第一歩となります。

案件紹介

コラム記事