クレーター肌の原因と改善のポイント|すっきり清潔に保つニキビの治し方の秘密|ニキビオフ

クレーター肌の原因と改善のポイント

クレーター肌とは、月の表面のように顔の肌がぼこぼこしている状態のことを指します。前に何らかの肌トラブルが発生し、その対処の痕跡が肌に残っている状態です。多くの方にとっての悩みの種ですが、スキンケア次第では改善することも出来ます。

ニキビや吹き出物を潰さないことが大切

クレーター肌の原因となっているのがニキビや吹き出物です。これらが発生するだけならそれほど長期間に影響を与えることはありません。しかしながら、ニキビや吹き出物を傷つけてしまうと、肌の陥没を引き起こしクレーター肌の原因となります。ニキビや吹き出物自体はある程度すれば治りますが、傷つけてしまうと正常な肌にダメージを与え、再生することが難しくなります。これが長きに渡って痕を残す原因となり、多くの方を悩ませるデコボコの肌を生んでいます。それゆえ、ニキビや吹き出物は絶対に潰さずにあまりいじらず治るのを待つことが重要です。

肌の再生機能を存分に生かす必要があります

クレーター肌を治すためには肌の新陳代謝を向上させることが大切です。肌には元々再生機能があるので、それを最大限に活用します。そのために紫外線から肌を守ることが大切です。紫外線を直接的に受けてしまうと肌がダメージを負います。肌はそのダメージを回復するためにエネルギーを使い、クレーター肌の改善には繋がりにくくなってしまいます。そこでしっかりと日焼けクリームを塗ったり、炎天下の日は帽子を被ったりすると有効です。また、化粧の落とし方も重要です。化粧は付ける時に意識がいきがちですが、実は落とし方にも肌は影響を受けます。その日の化粧はその日のうちに優しい落とすことが大切です。

レーザーとケミカルピーリングとは

紫外線の予防、肌環境の改善、肌に良い食事などを実践してみてもクレーター肌が治らない場合は施術を受けるという手もあります。昨今特に話題になっているのがレーザー治療です。皮膚の組織にレーザーを当てることにより、再生を促します。強引に肌を治すのではなく、肌再生を促しているところが重要なポイントです。このおかげで肌への刺激は最小限に留まります。その他にもケミカルピーリングと呼ばれる施術があります。これは傷ついた肌の表面を薄く削る治療です。こちらも肌への刺激が少ないので安心して施術を受けることができます。

まとめ

クレーター肌を治す方法はいくつかありますが、肝心なのは肌の環境を整えることです。レーザーやケミカルピーリングを受ける場合でも肌を清潔に保つことは大切です。肌本来の再生機能を生かすことが改善に繋がります。

案件紹介

コラム記事